FC2ブログ
  • 2018_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_01

輸入車 外車 国産車 情報豆タンク

ノリ

ムルシエラゴあるある、になりそうな症状

ハイ
Eギアポンプの故障はよくありますが、厄介なのがその先に原因がある場合。
ポンプ交換で治ることが大半ですが、稀にバルブボディ、またはアキュームレーターの交換が必要になる場合がありますが、これらを交換する為にはわざわざエンジンを下さないとなりません。
今回は通称爆弾と言われるアキュームレーターの交換で事なきを得ましたが、バルブボディがNGとなったら部品で80万円します。
爆弾だけなら38400円。
しかし、爆弾を交換したら一度エンジンを積む

テスターでも断する

テスト走行して結果を見る

ここまでやって、爆弾で治らずにバルブディがNGの場合は、もう一度エンジンを下すことになります。
ですので通常であればバルブボディごとの交換を薦めますが、今回は賭けに出てみて正解でした汗




  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

ムルシエラゴ あるある 格納ミラー

ハイ
引き続きムルシエラゴ、あるあるになりました。

ムルシエラゴのミラーの中には、写真のような芋虫みたいなギヤがいます。
こいつがかなり厄介で、ムルシエラゴシリーズを所有されている方なら分かると思いますが、このギヤが欠けたりしたら、ミラーの格納が機能しなくなりグラグラになる、ミラーを格納しようとするとカクカク言うだけで動かないとか、モーターの音はするけど動かない、車線変更の際にサイドミラーを見たら自分が見えるとか・・・片側で部品代30万円程と聞いて諦めていた方、もう大丈夫です。

原因は100%、この芋虫ギヤ。

ムルシエラゴの1/10程の車両はあの症状が少なからず出ているのではないでしょうか?

上が純正 下がワンオフ
純正は鉄製とプラの融合ですが、プラ部分の耐久性?たまに粉々になっている個体もありますから素材の問題だと思います。


つい先日も福岡の某ショップさんで鉄製で作成しているギヤに変更して頂いて、無事に治った個体がありましたが、フル鉄製のギヤを取り付けた場合は絶縁処理が大変で・・・・これをしっかり処理しないと格納スイッチを押す度にヒューズが飛ぶんです。
素材は最強なので二度と故障はしないですが、絶縁処理が大変で、ギヤの作製期間もやや長い。

と思っていたら、新潟県の670乗りSさんがやってくれました。
まさかの「作ったよ!」という事で・・・早速、見せて頂きました。
プラスチックの硬度がどうとか、しなりがどうとか、素材にこだわる職人さんによる作品なので、これはイケてると思います。

僕がSさんに「分解は慣れれば意外と簡単ですよ~」って半分冗談で言ったのに、Sさんは本当に自分で分解、交換、組上げ・・・・やってしまいました。
細かくて大変な作業だったハズです(笑)

ムルシエラゴシリーズが、いつかクラシックカーとして扱われる頃には、この部品も絶対に必要です。

  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

ムルシエラゴあるある

ハイ
久しぶりのムルシエラゴあるある、です。
秋が来たと思ったら、まだまだ35度越えですね。

ヘッドライトの曇り、長年曇りを繰り返した事で、謎に白っちゃけてしまうヘッドライトガラス。
これ、片側70万円支払って、新品に交換したところで洗車すれば即、曇ります。なんまんだぶなんまんだぶ・・・・・

それなら分解して掃除と気楽に言っても、稀にガラスが割れる事があるんです。失敗したら70万円の積み木崩しみたいな掃除、すごいと思いませんか(笑)

アヴェンタドールでさえ、初期ロットの個体は曇ってました(笑)

当然、取り外したタイヤハウスの裏表はピッカピカ、相変わらず気持ち良い仕事です。






  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

15秒差

ハイ
いくらなんでも15秒差は大きすぎる。

下(750)を先に走らせて、大体同じ位置から10~12秒遅れでを上(J)を走らせると、大体5分を過ぎた辺りで抜いています。
景色を見てもわかりますが、季節の違いが随分あるとしても15秒の大差をつけられるのはタイヤの違いもあり?の結果か?
走行会を楽しむノーマル車輛と、GT選手権のカリカリ車輛くらいのタイム差があります。

SV-J


750SV

  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

今日の牛小屋

今日も36度になるんだとか。


黄色一色から卒業( ´艸`)
  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Risuke Tashiro

Author:Risuke Tashiro
神奈川県川崎市でひっそり営業しています、有限会社WORLD IMPORTと申します。

自動車業界に入って23年、独立から20年が経ちました。

当時は旧車といわれる車が好きでこの業界に飛び込んだのですが、現在ではランボルギーニ・フェラーリ・ポルシェ・アストンマーティンからロールスロイス&ベントレーなどの高級車を扱えるようになりました。
皆様の応援あっての事だと思い日々感謝しています。

有名ディーラーの様に豪華なショールームと言う訳ではありませんが「信用」「質」「サービス」を重んじて日々、努力しております。

http://www.world-import.biz/

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索


.